ユニバーサルデザインフォントとは?

by twistdesign
ユニバーサルデザインのフォント

PR QAIS

出典:モリサワ

PR QAIS

最近よくきく「ユニバーサルデザイン」。ユニバーサルデザインとは、障害の有無や年齢、性別、人種などにかかわらず、たくさんの人々が利用しやすいように製品やサービス、環境をデザインする考え方です。1980年代に登場した言葉ですが、さまざまな環境や製品にこの考え方が応用されています。中でも最も身近なユニバーサルデザインのひとつが「ユニバーサルデザインフォント」です。ビジネス文書やポスター、商品パッケージなどあらゆるところで使われています。そこで今回はユニバーサルデザインフォントの例や利用しやすいフォントについてご紹介します。

●ユニバーサルデザイン(UD)フォント とは

ユニバーサルデザインフォントに厳密な字形の定義があるわけではありませんが、例えば大手フォントメーカーのモリサワは「文字のかたちがわかりやすいこと」「文章が読みやすいこと」「読み間違えにくいこと」をコンセプトに「モリサワUD書体」を開発しています。一般的に、視力に関係なく誰もが読みやすく、小さくても判別しやすいデザインが施された書体が各メーカーからリリースされています。
通常、書体におけるタイプフェース(デザイン)は、多くの人が“その文字を正しく認識できること”を条件とし制作されており、多くのメーカーの書体はその条件にさまざまなデザイン的特長を加え制作されています。つまり市場で販売されている一般的な書体にも、ある程度のUDの要素が備わっていますが、その中でも読みやすい・読みにくい書体というのがあります。また、弱視や読み書き障害(ディスクレシア)、知覚過敏を持つ人にとっては、その読みにくさが何倍にもなってしまいます。
一般的な書体のデザイン要素は様々で、デザインによって文章の雰囲気を演出できるという側面もあります。千差万別のフォントの世界の中で「誰もが読みやすい」という機能が最も備わったデザインが「ユニバーサルデザインフォント」なのです。

明朝体よりゴシック体

みなさんも日常的にプレゼン資料などではゴシック体を選んだり、長文なら明朝体を選んだり、状況によって見やすい文字を無意識に選んでいると思います。一般的にはタイトルや見出しのような短い文章はゴシック、長い文章は明朝体の場合が多いと思いますが、ユニバーサルデザインの観点では長い文章を書く場合にもゴシック体を使うことが推奨されます。視力が弱い人にとって明朝体は線が細すぎて見えにくく(例:MS明朝)、視覚過敏の人にとっては明朝体の細い部分を認識しにくかったり、縦横の線の太さの違いやはらいやハネなどが刺激となり読みにくくなります。ただし、長い文章に太いゴシック体(例:MSゴシック)はNGです。あくまで、細めのゴシック体(例:游ゴシックのRegular)を使用するようにしましょう。

ゴシック体

ユニバーサルデザインフォントのメーカー

UDフォントの中でもパイオニア的存在がイワタです。リモコンの文字を見やすくする目的で、イワタとパナソニックの共同開発により2006年「イワタUDゴシック」が製品化されました。他にも最近は数多くのUDフォントがリリースされており、モリサワやSCREEN、タイプバンク、モトヤなどが有名です。

●おすすめのユニバーサルデザインフォント

ここからはおすすすめのユニバーサルデザインフォントをご紹介します。OSや明朝体・欧文などのタイプ、無償利用できるものなど様々なユニバーサルデザインフォントがあります。

Windowsで使えるユニバーサルデザインフォント

Windowsにも標準搭載されている「メイリオ」という書体はユニバーサルデザインを意識して作られたフォントですので、UDフォントが使用できない場合にオススメです。またモリサワの「UDデジタル教科書体」はWindows 10からに標準採用されていますので、Windows10をご利用の方にはおすすめです。

Windowsで使えるユニバーサルデザインフォント

無料で使えるUDフォント

多くのUDフォントは有償なのですが、モリサワが無償のユニバーサルデザインフォントを提供しています。「BIZ UDゴシック」と「BIZ UD明朝」という名称で、会員登録さえすれば無料で使用できます。等幅とプロポーショナル版(読みやすく文字により幅が変えてある)があります。こういったフォントを通じて、フォントについての関心やユニバーサルデザインという考え方が広まっていくことが期待されます。なお、WindowsならばOSを最新版にすれば自動的にUDフォントがインストールされます。

無料で使えるUDフォント

欧文のUDフォント

欧文フォントならSegoe UI(Windowsに標準搭載)やFrutiger(有償)というフォントは判読性の高いフォントです。モリサワの「UDデジタル教科書体 欧文 Regular」は文部科学省の英語教材の字形に準拠した書体で、鏡文字と間違えないように左右多少の形を避ける、なるべく少ない画数でかけるなどの工夫がされ、ロービジョン、ディスレクシアの児童にも読みやすいよう配慮されています。

欧文のUDフォント

出典:モリサワ

明朝体のUDフォント

基本はゴシック体がおすすめですが、文体によってやはり明朝体がよいという場合もあると思います。そんな時にはMS明朝を使うのは避けましょう。MS明朝は全体的に細めで縦線と横線の幅の差が大きく、弱視の人にとっては太い部分だけが目立って見えてしまう書体です。ユニバーサルデザインの観点からおすすめできないので、游明朝体など太めで縦横の幅の差が比較的少ない明朝体がおすすめです。

明朝体のUDフォント

PR QAIS

あなたへのおすすめ記事