北欧ヴィンテージ家具とは?ソファーやチャア、シェルフまで幅広く名品をご紹介

by twistdesign

PR QAIS

北欧の国々は、ヨーロッパの北に位置する冷涼な地方です。夜の長い冬のあいだは室内で過ごす時間が長いため、自然と家の中を居心地がよく温かい空間にしようと工夫が重ねられてきました。そのため高品質で長く使える家具が充実しており、ライフスタイルに合わせて家具を買い替えたりファブリックを貼り替えて使用するのが一般的で、ヴィンテージ家具の売買もさかんです。そこで今回は北欧ヴィンテージ家具にフォーカスし、購入できるお店やおすすめ商品をご紹介します。

 

北欧ヴィンテージ家具とは

北欧ヴィンテージ家具と呼ばれるのは、1950年代〜1970年代に北欧で作られた家具のこと。北欧デザイナーのなかでも人気なのがアルネ・ヤコブセンやアルヴァ・アアルト、ハンス・ヨルゲンセン・ウェグナーやフィン・ユールといった巨匠たちです。人気作品にはリプロダクト家具も出回っているものもありますが、販売当時の木材ならではの質感やクオリティにこだわってヴィンテージを選ぶ方も多いようです。ヴィンテージ家具は丁寧にリペアしながら美しく・長く使い続け、経年変化を楽しむのが醍醐味です。ヴィンテージ家具を選ぶ際はリペアが可能な専門店などで、商品の状態やお手入れの仕方を聞きながら選びましょう。

 

北欧ヴィンテージ家具が購入できるお店

北欧ヴィンテージ家具が購入できるお店①:greeniche(グリニッチ)


出典:greeniche

新品からヴィンテージまで、豊富な北欧家具を取り扱うお店です。チェアやテーブルはもちろん、シェルフなどの収納家具も充実しています。経験豊富なバイヤーが北欧から一点一点北欧ビンテージ家具をセレクトし、工房で丁寧にリペアされた商品がそろっています。店舗は代官山にあり、インターネットでの購入も可能です。

北欧ヴィンテージ家具が購入できるお店②:haluta

出典:haluta

主にデンマークから仕入れた家具や雑貨を取り扱っているお店です。東京と長野県上田市、そしてデンマークのコペンハーゲンに拠点を持ち、北欧の引き継ぎ型社会にならい、ヴィンテージをはじめとする家具や雑貨の輸入販売をおこなっています。

長野県上田市に家具や雑貨のストックが並ぶ倉庫兼店舗があり、東京・神田にもアパレルやヴィンテージ雑貨・家具を取り扱う店舗があります。ヴィンテージ家具はインターネットでの購入も可能です。

<北欧家具talo>

営業について

出典:talo

フィンランドやデンマークの家具を中心に、北欧で日常的に使われる家具をリーズナブルに販売しています。店主が北欧のヴィンテージマーケットを周り良いものを確かめて仕入れ、リペアしたヴィンテージ家具を取り扱っています。ヴィンテージチェアやソファの座面張替えオーダーもできます。実店舗は神奈川県伊勢原市にあり、広い店内には沢山の家具がディスプレイされています。インターネットでの購入も可能です。

 

北欧ヴィンテージ家具のおすすめ商品

ここからは、北欧ヴィンテージ家具の中から、おすすめ商品をご紹介します。ヴィンテージ家具は大量生産品と違い常に見つかる訳ではないので、欲しい作品があれば定期的に店舗やWebサイトをチェックすることをおすすめします。

北欧ヴィンテージのソファ①:<ビンテージ GE258 デイベッド(オーク)/ ハンスJ.ウェグナー >

【張地選べる】ハンスJウェグナー ビンテージ GE258 デイベッド(オーク)【talo200130-no2】

出典:talo

ハンスJ.ウェグナーの代表作の1つである、デイベッドです。背面は収納になっており、クッションやブランケットをしまうことができます。普段はソファとして使い、収納のフタ部分を上げればベッドとしても利用できます。

北欧ヴィンテージのソファ②:<デンマーク製 2シーターソファ スポークバック1789/ ボーエ・モーエンセン>

出典:talo

ボーエ・モーエンセンとハンス・J・ウェグナーがデザインしたことでも知られるスポークバック 1789の2シーターソファです。1963年に生産が始まると一躍人気商品となり、現在ではフレデリシア社で生産され、今もなお愛されているソファです。ハイバックで包まれるような座り心地で、長時間座って好きな本や雑誌を読んだり、横たわってリラックスすることも可能です。革紐の結び目をずらすことで、6段階の角度調整を行うことができます。

北欧ヴィンテージのチェスト<Sideboard D-R204D307/Henry Rosengren Hansen>

北欧ビンテージ,サイドボード,収納家具,食器棚,キャビネット

出典:greeniche

北欧ヴィンテージのチェスト③:<Sideboard D-R204D307/Henry Rosengren Hansen>

出典:haluta

丸みを帯びたフォルムが印象的な2段チェストです。コンパクトながら存在感があり、玄関やリビングのポイント家具としてインテリア小物や花器と合わせて使用したい家具です。

北欧ヴィンテージのテーブル④:<AT308 コーヒーテーブル チーク オーク/Hans J. Wegner>

出典:haluta

一目でウェグナーのデザインだと分かる、安心感と繊細さの間の絶妙なシルエットとバランスが特徴的なコーヒーテーブルです。名工房Andreas Tuckで製作されたこちらは、クロスレッグテーブルとしてポピュラーなAT-303をコンパクトにリサイズされたようなミニチュア感が可愛らしく、そのデザインの美しさが際立つ作品です。

北欧ヴィンテージのテーブル⑤:< Coffee Table R201D135/ Aakjaer Jorgensen>

北欧ビンテージ,コーヒーテーブル,センターテーブル,リビングテーブル,リビングインテリア

出典:greeniche

Aakjaer Jorgensenデザインの、デンマーク製ビンテージ・コーヒーテーブルです。

ギターピックのような柔らかなトライアングルと、エッジを際立たせた天板のデザインが特徴です。

北欧ヴィンテージ家具のチェア⑥:<GE290 シングルソファ(オーク材)/ハンスJ.ウェグナー>

出典:talo

北欧ヴィンテージ家具のチェア⑦:<アントチェア1967年/アルネ・ヤコブセン>

アルネ・ヤコブセンアントチェア/1967年【1905dk-nok3】

出典:talo

アルネ・ヤコブセンの代表作である<アントチェア>の、1967年製のヴィンテージです。ヴィンテージならではの傷や風合いも含めて、魅力的なチェアです。

北欧ヴィンテージのシェルフ⑧:<model.154 ブックシェルフ オーク/ Borge Mogensen>

出典:haluta

脚が特徴的な、ボーエ・モーエンセンのブックシェルフです。モーエンセンらしい実直かつシンプルなデザインで構成されており、脚に斜めに方向に渡る部材に絶妙なアールをかけることで派手さがなくとも彼の造形美学を感じさせる美しい作品です。

北欧ヴィンテージのシェルフ⑨:<RY series スタッキングシェルフ チーク オーク/Hans J Wegner>

出典:haluta

巨匠ハンス ウェグナーによりデザインされ、木工作家でもある厳しい彼から熱い信頼を寄せられていたRY moblerにより製作されたスタッキングシェルフです。アシンメトリーな収納部が目を引くチェストと、シンプルで使い勝手の良いシェルフがセットアップされており、とてもバランスの良い組み合わせの作品です。

 

 

PR QAIS

あなたへのおすすめ記事