デンマークの家具ブランド10選!北欧家具好きなら絶対に抑えておきたい物を中心に

by twistdesign

PR QAIS

シンプルで洗練されたデザインの北欧家具は、世界中で根強い人気があり、日本にも人気の高い家具ブランドが多数あります。特にブランドの多くがデンマーク発であり、数多くの著名なデザイナーを輩出しています。

そこで、今回は北欧家具好きなら絶対に抑えておきたいデンマークの家具ブランド10選を古い時代から順を追ってご紹介させていただきます。

【デンマークのヒュッゲ】

デンマークは、国連が2012年から発表している「幸福度調査」で2013年、2014年、2016年に1位を獲得しています。その理由としては、学力、勤務時間の少なさ、そして仕事の労働生産性が、世界上位。消費税は25%と大変高いものの、医療費、学費が無料なうえ、年金制度もしっかりしています。その「世界一幸せな国」とも言われるデンマークでは昔から「ヒュッゲ」という言葉が大切にされています。「ヒュッゲ」とは、英語ですらも直訳できる単語がない独特なニュアンスがありますが、イメージとしては「幸福」や「心地よさ」を表す言葉です。昨今ではこの「ヒュッゲ」が欧米でも注目を集めており、日本でも雑誌やテレビ番組などで特集されるようになってきました。

【デンマーク家具の黄金期】

歴史的に見て、デンマーク家具を代表するものは、1940年代から60年代の約30年という限られた期間にデザインされたものがほとんどです。デンマークでは1900年代以前はオリジナルと言える家具デザインは存在していませんでした。1900年代初頭から工業的な大量生産を前提としたバウハウスに影響を受け、それが独自の進化を遂げ、木材の材質を重視し、伝統的なクラフトマンシップを維持しながら、一般市民にも手が届きやすく使いやすい家具を作ることにいたりました。人口の少ないデンマークでの国内需要は限られたものでしたが、世界中で名声を高め、人気を博しました。

【デンマーク家具の衰退期】

1970年代に入ると、ポップカルチャーが流行し、デンマークモダン家具の人気は急落しました。さらに、マイスター制度が衰退したことで家具職人が減少し、家具工房の大半は廃業してしまいました。1980年代からは第二世代のデザイナーが難しい時代を乗り越えようと頑張りますが、世界の注目はすでにイタリアの家具に移ってしまっていました。デンマーク家具やインテリア界は長く厳しい時代が続きました

【現代のデンマーク家具】

1990年に入るとデンマークモダン家具が再び注目を集めだします。1990年代半ばにスウェーデンにて格安で総合家具を製造販売するイケアが登場し、世界中に旋風を巻き起こします。窮地に立たされたデンマークは、安価な家具より価格帯はやや高くても、品質やデザイン性に優れているうえに、一般庶民にも手が届く家具という方向性を見出します。1999年にはノーマン・コペンハーゲン、2002年にはヘイ、2006年にはムートなど、若手デザイナーを起用した新しくコスパの良い家具をプロデュースするブランドが設立されます。また、もう一つの傾向は、復刻生産です。デンマーク国内のみならず、国外の家具メーカーが製造ライセンスを取得して、復刻生産を行っており、近年増加傾向にあります。

【デンマークの家具ブランド10選①】
FRITZ HANSEN(フリッツ・ハンセン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Merchant & Found(@merchantandfound)がシェアした投稿

出典:INSTAGRAM  (ダンチェア)

フリッツ・ハンセンは、1872年に創業した、長く使えるデザインを生み出すことを使命とする北欧デンマークの高級家具ブランドです。1900年代にはコペンハーゲン市庁舎の建設に際するタウンホールチェアや、国会議事堂で使用される椅子などを製作しました。1932年に発表した「ダンチェア」が大ヒットし、デンマークを代表する量産家具メーカーとして成長していきました。その後、アルネ・ヤコブセンやコーア・クリントとコラボレーションし、「セブンチェア」や「エッグチェア」など数多くの名作を生み出しています。1970年以降、北欧家具の人気が徐々に衰退をはじめ、フリッツ・ハンセンの業績も悪化していきました。そのため、それまでの家族経営からホールディングス化することで難局を乗り越えました。1990年代に入ると、デンマークの新進気鋭の若手デザイナーたちの作品を発表し、さらに2000年代以降はデンマークだけでなく様々な国のデザイナーたちと新製品の開発に取り組み、さらにインターナショナルブランドへと発展したのです。近年は、アルネ・ヤコブセンやポール・ケアホルムなど当時のデザイナーによる名作と、現在開発を続けている新しいデザインをうまく共存させ、世界中の人々を魅了しています。日本でも大変人気の高いデンマークの家具ブランドです。

【デンマークの家具ブランド10選②】
eilersen(アイラーセン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@romtilrom)がシェアした投稿

出典:INSTAGRAM (ストリームラインソファ)

アイラーセンは、1895年に創業した歴史の長いデンマークの家具ブランドです。創業当時は馬車のシートとボディを製造しており、その後時代の変化とともにバスのシートを手がけるようになり、当時、バスの座席は木製でしたが、デンマークで初めて座席にクッション性を加えたのがアイラーセンでした。その技術を生かして家具を生産するようになったのは1970年代になってからでした。アイラーセンといえばデンマークでは誰もが知るソファブランドで、やわらかすぎず、硬すぎないアイラーセンのソファは、他にない快適な座り心地の代名詞となっています。日本で1番人気が高いのが「ストリームラインソファ」です。高密度のウレタンフォームとフェザークッションの組み合わせが、究極の座り心地を作り出しています。また、デザインはシンプルで、どんな部屋にもマッチしてくれそうです。

【デンマークの家具ブランド10選③】
Getama(ゲタマ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ulrik Kemnitz(@kemnitzdk)がシェアした投稿

出典:INSTAGRAM (GE290ソファ)

ゲタマは、1899年に創業して以来、デンマークの小さな町ゲステッドに本社工場を構えるメーカーです。創業当初の社名は「ゲステッドの海藻とマットレス工場」で、ゲステッドで取れる海藻を使用した寝心地の良いベッドのマットレスを作っていました。マットレス事業で成功した資金を元に、家具工場を立ち上げました。1950年代に入ると、ハンス・J・ウェグナーがデザインしたソファやデイベッドを製造する大きな機会に恵まれます。海外への輸出も行うようになり、ウェグナーとの協力関係を深めたことで、1950年代には現在でもゲタマの看板商品であるソファ「GE240」や「GE290」を発表します。1999年のゲタマの創業100周年には、ウェグナーは現役を引退した6年後にも関わらず、「センチュリー2000」シリーズをデザインしたことから、素晴らしい友好関係にあったことが想像できます。

【デンマークの家具ブランド10選④】
Carl Hansen&Sun(カールハンセン&サン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

🙋🏻Angelica(@herrgardsvagen9)がシェアした投稿

出典:INSTAGRAM (Yチェア)

カールハンセン &サンは1908年に小さな家具工場としてスタートしました。創立当初はクラシックソファなどのオーダーメイドの木製家具を製造していました。1915年に機械を導入した新工場を設立したことで、職人技と機械生産による効率的な生産を両立する家具メーカーとして拡大していきます。1930年代に、世界恐慌のあおりを受け、さらに創業者のカール・ハンセンが体調を崩し危機を迎えますが、経営に加わった23歳の息子が力を発揮し、輸出を拡大させたことで、難局を乗り切りました。1950年にはデンマーク家具デザインの巨匠、ハンス・J・ウェグナーがデザインした家具を5つ同時に発売します。特に「CH24(Yチェア)」は、発表以来これまでに世界中で70万脚以上が出荷されている代表作で、発売から70年経った今でも根強い人気を誇っています。2013年以降は、コペンハーゲンを皮切りに、ニューヨーク、サンフランシスコ、東京、大阪、ロンドン、ミラノ、ストックホルム、オスロにフラッグシップ・ショップを出店し、世界中を魅了し続けているデンマークの家具ブランドです。

【デンマークの家具ブランド10選⑤】
FREDERICIA(フレデリシア)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Uppsala Auktionskammare(@uppsalaauktionskammare)がシェアした投稿

出典:INSTAGRAM (スパニッシュチェア)

フレデリシアは、1911年に創業したフレデリシアチェア・ファクトリーから工場を買収し、1955年に改めて設立された家具の名門ブランドです。デンマークの家具ブランドの中で重要な位置付けにあるのは、ボーエ・モーエンセンがデザインした家具による功績が大きいでしょう。モーエンセンによる「スパニッシュチェア」「イージーチェア2204」「シェーカーチェア」は、フレデリシアのアイコン的存在です。1972年のモーエンセンが他界したことで巨匠とのコラボレーションが終了してしまいますが、その後ナンナ・ディッツェルとのコラボレーションにより、1993年には代表作トリニダードチェアが発表され、再度大成功を収めるのです。現在は、ボーエ・モーエンセンを中心としたクラシックラインを主軸にしながらも、若手デザイナーのモダン色の強い作品にも力を入れています。上品で洗練されたデザインがこのブランドの特徴ですが、ブラックを基調としたモダンなソファやパーソナルチェアも展開しており、従来のデンマーク家具とは一線を画すデザインコンセプトも魅力の一つです。

【デンマークの家具ブランド10選⑥】
BoConcept(ボーコンセプト)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Florence(@flo_inbarcelona)がシェアした投稿

出典:INSTAGRAM

木製家具職人ジェン・アーソジェとタジェ・モルホルムが1952年にデンマークのハーニングという小さな町で家具工房としてスタートしました。会社の規模が拡大するにつれて会社名は数回変更され、現在の「ボーコンセプト」となったのは1993年になってからでした。「アーバン デンマーク デザイン」というコンセプトのもと、伝統を下地にしつつも都会的でモダンでラグジュアリーな家具を発信しています。また、部屋のサイズやライフスタイルに合わせた家具のカスタマイズが可能という独自の方法を取っているのも人気の秘密でしょう。ボーコンセプトのデザイナーの一人、アンダース・ノルガードは数々の賞を受賞している国際的に認知されたデンマーク人デザイナーです。現在は、世界59か国、260の店舗を展開する大きなブランドで、日本にも直営店が19店舗あり、機能とデザインを両立させた素晴らしい家具を世界中へ送り出しているデンマーク家具ブランドです。

【デンマークの家具ブランド10選⑦】
PP Mobler(ピーピーモブラー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Noden(@_noden_)がシェアした投稿

出典:INSTAGRAM (PP203チェア)

1953年に小さな工房からスタートしたデンマークの家具ブランドPPモブラー。1969年にデンマーク家具デザインの巨匠、ハンス・J・ウェグナーがデザインした椅子「PP201」と「PP203」を発表し、世界的に知られることになりました。その後もウェグナーのデザインした家具を製作し、数々の名作を誕生させました。1970年以降、北欧家具の人気が徐々に衰退し、1995年に再度評価され出すまで、多くのキャビネットメーカーが次々と廃業に追い込まれました。そんな中、PPモブラーは機械を導入することで、効率化できる部分は機械化し、機械では難しい部分は工房の職人に任せることで、品質を落とさず時代に合った家具工房へと変換を遂げ、今日まで生き残ってきました。今でも熟練の腕を持つ職人でないと生産する事ができない商品が多い、デンマーク有数の家具ブランドです。

【デンマークの家具ブランド10選⑧】
Onecollection(ワンコレクション)

 

この投稿をInstagramで見る

 

House of Finn Juhl(@houseoffinnjuhl)がシェアした投稿

出典:INSTAGRAM (ペリカンチェア)

ワンコレクションは、1990年にハンセン & ソーレンセンとして創業した、比較的若い家具ブランドです。創業当時はデスク1台と椅子2脚の地下の小さなオフィスでした。1992年に製品化されたヘンリック・テングラーのデザインによる「チェアマンチェア」が大ヒットしたことが成功のきっかけとなりました。1998年にフィン・ユールの未亡人、ハンネ・ヴィルヘルム・ハンセンから依頼を受け、初のフィンユールデザインの復刻版となる「ソファ No.57」を手がけ、夫人の信頼を得たことで、フィン・ユールの初期の代表作「ペリカンチェア」と「ポエトソファ」の復刻量産化を果たしました。近年、デンマーク近代家具デザインの再評価によりフィン・ユールコレクションに対する関心も高まってきたことが追い風となりました。ワンコレクションは現在、フィン・ユール家具のほとんどすべてのライセンスを保有し、新たにフィンユールデザインの家具の復刻生産を許されている世界で唯一のメーカーです。

【デンマークの家具ブランド10選⑨】
HAY(ヘイ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anette(@anettekring)がシェアした投稿

出典:INSTAGRAM (プリンスチェア)

HAYは、2002年に創業したデンマークのインテリアプロダクトブランドです。 1950年から1960年代のデンマーク家具のデザインを意識しながらも、 現代のライフスタイルに合わせたデザインを取り入れた機能性の高いデザインで現在北欧のインテリアデザイン界をリードしています。世界中の若手デザイナーも積極的に起用することでも知られており、新しい素材や最新テクノロジーを積極的に取り入れて家具を製造しています。ルイーズ・キャンベルやショルテン&バーイングスなど、 現在のデザイン界で国際的に活躍するデザイナーともコラボレーション行っています。また価格のバランスもよく、現代のライフスタイルにマッチした機能性の高いデザインと、その手頃な価格帯で、「買える家具」を提案しています。日本でもHAYは大人気になっており、様々な店舗で取り扱っています。「プリンスチェア」は、ルイーズ・キャンベルがデザインし、2003年のコペンハーゲン見本市で発表された後、「エル・デコ インターナショナル デザイン アワード」を受賞したHAY初期の名作です。

【デンマークの家具ブランド10選⑩】
Muuto(ムート)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@interior_12345がシェアした投稿

出典:INSTAGRAM

ムートは2006年にデンマーク、コペンハーゲンで設立されました。ムートという名はフィンランド語で「新たな視点」を意味する”muutos” に由来するそうです。その名の通り、伝統的な北欧デザインに、最前線で活躍する若手デザイナーを起用することで独自のテイストを加えたユニークなスタイルで、これまでにない北欧デザインを志向する新しいブランドです。伝統的な北欧デザインの美しさ、機能性、クラフトマンシップに根ざしながらも、先進的な素材や技術、大胆な発想力で、日常的家具に華を与え個性的なライフスタイルを提供するデンマークの家具ブランド「ムート」は世界中で高く評価されています。

【おわりに】

今回は、老舗のデンマーク家具ブランドから新しいデンマーク家具ブランドまで10選をご紹介しました。北欧家具を探しているのでしたら、ぜひ参考にしてみてください。

PR QAIS

あなたへのおすすめ記事