北欧インテリア雑貨おすすめ10選!魅力や特徴を徹底解説

by twistdesign

PR QAIS

北欧インテリア雑貨とは

北欧とは主にスウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、アイスランドのことで、北欧インテリア雑貨はそれらの国で誕生したインテリア雑貨を指します。

北欧は夏が短くほとんどが冬で雪の期間が長いため、室内で過ごす時間がとても多いです。そのため北欧に暮らす人々には家で暮らす時間を充実させるためのインテリア雑貨にこだわりがあります。北欧インテリア雑貨の特徴は実用的で、デザインはシンプルで洗練されています。

北欧は、森や湖などの自然に囲まれた風土のためか、インテリアの中にもナチュラルな素材感を活かしたり、動植物をモチーフにしたデザインを取り入れるのが上手です。実用的でありつつもとはいえ、冷たく機械的な感じではないのが北欧インテリア雑貨のデザインなのです。

北欧インテリア雑貨の魅力

北欧インテリア雑貨は、綿や麻といった自然素材に、幾何学柄や花や鳥とような自然のモチーフが多く使われています。温かみのある木目調のアイテムや、革や鉄などのインダストリアルな雰囲気のインテリア雑貨もあり、老若男女問わず人気があります。

色も鮮やかなものからシックなものまで幅広い北欧インテリア雑貨を、季節や気分によって模様替えするのが北欧流。また、北欧では家具や食器などを親から子へ受け継ぐ習慣があるため、実用性が高く、質が良く、長い間使い続けることができるものが人気があります。

カーテン、テーブルクロス、クッション、ベッドカバーなど、ファブリックはインテリアには欠かせません。シンプルでやさしい色合い、柄、素材などが、お部屋に温もりと明るさをプラスすることが北欧インテリア雑貨の魅力です。

 

北欧インテリア雑貨10選①:ARABIA PARATIISI アラビア パラティッシカップ

出典:アマゾン

ARABIA(アラビア)は、北欧スウェーデンのロールストランド社によって1873年にフィンランド、ヘルシンキ郊外のアラビア地区に設立された製陶所でした。当初はロシア向けの日用食器などを販売していましたが、独自の技術やデザインを研究し、フィンランドがロシアから独立する1年前(1916年)にロールストランド社から独立しました。それ以来、使いやすく実用的でありながらも、デザインも美しい食器を作り続けるフィンランドの国民的製陶所になりました。シンプルなものから華やかなもの、また、ムーミンのキャラクターまで、個性豊かな食器を幅広く揃えています。

1968年に誕生して以来人気が衰える事のないアラビアのパラティッシ。緻密に描かれた果物や花々が美しく繊細なデザイン。パラティッシュとはフィンランド語で「楽園」という意味だそうです。何度か生産終了となりはしましたが、多くのファンの要望により再生産され続けて現在に至ります。シンプルなフォルムに、パンジー、カシス、ぶどう、りんごなどが華やかに描かれたアラビアのパラティッシ。パラティッシの器をひとつ取り入れるだけで、日常のテーブルが華やかな空気に包まれます。北欧インテリア雑貨を代表するアラビアの中でも特に人気の高いデザインです。

 

北欧インテリア雑貨10選②:marimekko Pieni Unikko マリメッコ ウニッコ

ファブリックボード

出典:アマゾン

この花柄を見たことありますよね?マリメッコというブランド名を知らない方でも、この花柄を知らない人は少ないと思います。1964年のマイヤ・イソラによる伝説のデザイン、ウニッコ。ケシの花がモチーフになっています。

1949年にフィンランドで、プリンテックスという生地屋さんから始まり生地のデザイン兼商品展開をするブランドとして、1951年にマリメッコが誕生しました。1960年代に当時ファッションアイコンとして注目の的だったケネディ大統領の妻・ジャクリーン・ケネディがマリメッコのワンピースを愛用し、雑誌の表紙に起用されたことで、世界中から注目を集めました。現在は世界中でマリメッコの商品が販売され、日本の直営店も30店舗以上あります。

このウニッコはマリメッコの代表的なデザインで、遠くから見てもマリメッコのアイテムだとわかる強いインパクトがあります。その中でも北欧インテリア雑貨としてお勧めの一つがファブリックボードです。1枚飾るだけでも存在感を与え、部屋の雰囲気をポップでスタイリッシュなイメージにします。カレンダーをかける感覚の1パネル1ピンで手軽に飾ってみましょう。

 

北欧インテリア雑貨10選③ittala (イッタラ) カルティオ

グラス

出典:アマゾン

1881年にフィンランドでガラス製品製造メーカーとして誕生したイッタラ。多くのトップデザイナーとともに高品質なガラス器を開発し続けています。イッタラの食器はシンプルで使いやすく、すでにお使いの食器やカトラリーとも組み合わせやすいです。電子レンジ、オーブン、食洗機で使えるシリーズも多く、丈夫で、収納しやすいとため、ブランド食器でありながら、日常使いできる食器。流行に流されないミニマルなデザインは永く使えます。

このカルティオグラスは、半世紀以上前にデザインされたイッタラの人気シリーズの一つです。無駄を全てそぎ落としたかのような、これ以上にない程シンプルなデザインはガラスの美しさを際立たせ、手に馴染やすいです。また、重ねやすいため収納に便利。

サイズはタンブラーとハイボールの2種類。タンブラーサイズは冷たいお茶やジュース、さらにウィスキーや日本酒などのアルコールを飲む際にもちょうどいいサイズ。ハイボールサイズはその名の通りハイボールやビール、または水やコーラなどをごくごく飲むのにぴったりのサイズです。シンプルなデザインなので贈り物としても大変喜ばれます。日常で使われてこそ輝く北欧インテリア雑貨です。

 

北欧インテリア雑貨10選④:Finlayson ELEFANTTI  フィンレイソン エレファンティ

収納バック付き3点組み布団セット

出典:アマゾン

フィンレイソンは、1820年に創業したフィンランドで最も歴史あるテキスタイルメーカー。どの家庭にも必ずフィンレンソンがあるといわれているそうです。200年近くにわたり、寝装品、ホームテキスタイル、インテリアファブリックを中心に、心地よい北欧インテリア雑貨を創出しています。可愛いくて、洗練されたデザインは、日本でも人気が高いです。
2014年春より日本で展開をしている国内ライセンス商品は、年を追うごとに日本人のファンが増加しています。特に、象をモチーフにしたのエレファンティは大変な人気で、北欧インフルエンザ好きの女性たちの間では、北欧デザインの代表格としてとらえられるようになりました。2019年は、エレファンティ誕生から50年でしたので、さらに多くのエレファンティシリーズ商品が生まれました。

そんな大人気エレファンティが一面にデザインされた掛けふとん、敷ふとん、枕の3点セット。収納袋が付いていて保管するのにも便利です。寝室をおしゃれにする手っ取り早い方法は布団カバー。布団カバーで部屋の雰囲気は大きく変わります。また、上質な布団カバーは肌触りが良く、上質な睡眠をもたらします。特徴的な象のデザインと落ち着いた色合いで、可愛いけどシンプルで、子供っぽすぎない。気分が明るくなる素敵なお部屋になるでしょう。

 

北欧インテリア雑貨10選⑤:KLIPPAN BENGT&LOTTA クリッパン社 ベングト&ロッタ

シュニールコットン ハーフブランケット ベングトのヒツジ

出典:楽天市場

1879年にスウェーデンの小さな町クリッパンで誕生した紡績工場は141年の時を経てスウェーデンを代表する老舗テキスタイルメーカーに成長しました。オーガニックコットンを使い、生産者の健康や地球環境を考えた高品質のテキスタイルブランドです。

ベングト&ロッタは、1990年にスウェーデンでベングト・リンドベリとロッタ・グラーベ夫妻が立ち上げた、スウェーデンの今を代表するデザインユニットです。クリッパンで採用された特に大人気の「ベングトのヒツジ」ブランケットは北欧デザインを世界に知らしめたベングト&ロッタの代表作品です。

クリッパンのシェニール織コットンは丈夫で長持ちな上、肌触りがしっとりで最高の触り心地です。ハーフサイズは子ども用または、ソファのカバリング、ひざ掛けとして使う人が多いそうです。ヒツジ柄は1994年に登場して以来のロングセラーです。

PR QAIS

あなたへのおすすめ記事