北欧デザインのローテーブル、インテリアをおしゃれにするおすすめ12選

by twistdesign
北欧デザインのローテーブル

PR QAIS

近年日本でも定番になっているのが北欧デザイン。北欧デザインの家具はチェアやソファなど様々な種類がありますが、お部屋全体のインテリアを考えるうえでリビングのソファと一緒に使うおしゃれなローテーブルは重要なアイテムではないでしょうか。毎日使うローテーブルは、デザインだけでなく使いやすさも重要です。そこで今回は北欧デザインをテーマに、機能的でインテリアになじむローテーブルのブランドやおすすめ商品をご紹介します。

●おしゃれなインテリアに合う北欧デザインのローテーブル

北欧の国々は寒く日照時間の短い冬に家の中で過ごす時間が長いため、快適で心地よい家づくりに合せて家具も発展してきました。北欧デザインの家具は美しさだけでなく機能性が高く丈夫です。また、木目を活かしあたたかみのあるデザインが多いのも特徴的です。ローテーブルの作品は多くありますが、天然木の木目を活かしたもの、ガラスや金属との素材の組み合わせが面白いものなど多様な選択肢があります。
お部屋の重要な位置を占めるローテーブルは、インテリアにあわせておしゃれに演出したいですよね。サイズ感や素材はもちろん、組み合わせて使うソファやラグなどとのバランスも重要です。北欧デザインの家具を販売するブランドや、雑誌等のコーディネートを参考にしてもよいでしょう。

ローテーブルが見つかる北欧ブランド

・フリッツハンセン(Fritz Hansen)

フリッツ・ハンセンは、国際的な高級デザインブランドです。時代に左右されることなく、世界的にも有名なクラシックラインからコンテンポラリーラインまで、家具、照明、アクセサリー小物をひとつの世界観をもって表現しています。1872年にデンマークで創業し、長年に渡り一流の国際的デザイナーと協力し、時代を先取りした彼らのコンセプトに命を吹き込んできました。北欧デザインの代表格的ブランドです。

フリッツハンセン(Fritz Hansen)

出典:フリッツ・ハンセン

・カール・ハンセン&サン(Carl Hansen & Son)

1908年、家具職人のカール・ハンセンによってデンマークのオーデンセに設立された家具メーカーです。1920年代後半からデザイナーとタッグを組んだ商品開発をはじめ、1949年よりスタートしたハンス・J・ウェグナーとのパートナーシップで数々の名作を発表。中でも1950年に発表された「Yチェア」は、世界で最も愛され続けている椅子と言える不朽の名作です。デンマークだけにとどまらず、北欧デザインを代表するトップ家具ブランドの1つです。

カール・ハンセン&サン(Carl Hansen & Son)

出典:カール・ハンセン&サン

・フレデリシア(Fredericia)

フレデリシアは、1911年創業のデンマークの家具ブランドです。ボーエ・モーエンセンやハンス J.ウェグナー、ナナ・ディッツェルなど北欧デザインを代表するデザイナーによって生み出されたシンプルで洗練された作品の数々は、どんなスタイルにもなじみやすく使い心地のいい魅力を持っています。

フレデリシア(Fredericia)

出典:フレデリシア

・ムート(Muuto)

ムートは2006年、デンマークにて設立された比較的新しい北欧デザインの家具ブランドです。北欧ブランドらしいシンプルでミニマムなデザインを継承しつつ、北欧諸国から探し出した若
手気鋭デザイナーらとのコラボレーションで次々と新鮮なプロダクトを輩出しています。
ラインナップするプロダクトは、家具から照明、インテリア小物、日用品と多岐におよ
び、日本国内でも有力インテリアショップで数多く展開されています。北欧デザイン界を
牽引する力を持った、ニュースタンダードというべき北欧ライフスタイルブランドです。

ムート(Muuto)

出典:muuto

・アルテック(Artek)

1935年、建築家アルヴァ・アアルトら4人の若者によってフィンランドで設立された北欧デザインのブランドです。北欧モダンを代表するブランドとして、家具はもちろん、インテリア雑貨、ファブリック、文具まで、ライフスタイルのあらゆる場面で広く親しまれています。フィンランド産の木材を活用するため、アアルト特有のL-leg(エルレッグ)という曲げ技法を開発。安定した品質での大量供給を可能とし、Stool 60をはじめとする名作家具を次々と生みだしています。

アルテック(Artek)

出典:Artek

●北欧デザインのローテーブル:おすすめ商品

ここからは、北欧デザインのローテーブルの中から、素材やサイズ別におすすめ商品をご紹介していきます。

ヴィンテージの北欧デザイン ローテーブル

<NO.55コーヒーテーブル/Aakjaer Jorgensen>

デンマークのAakjaer Jorgensenデザインのヴィンテージローテーブルです。天板淵に効かせた印象的なエッジと棚板と脚をつなぐ真鍮のパーツがアクセントになっており、ソファにも合わせやすい程よい高さです
NO.55コーヒーテーブル

出典:greeniche

<R-051650 センターテーブル/ハンス・J・ウェグナー>

デンマークのハンス・J・ウェグナーがデザインしたGETAMA(ゲタマ)社製のセンターテーブルです。洗練されたシンプルさで使いやすそうなデザインです。

R-051650 センターテーブル

出典:ラフジュ

ガラス製の北欧デザインローテーブル

<CH108 COFFEE TABLE/ハンス J. ウェグナー>

デンマークのハンス J. ウェグナーによる、コーヒーテーブル CH108は、ガラスとスチールを組み合わせたシリーズの一つで、大胆なラインと素材の調和が美しいデザインです。磨かれたステンレスの味のある素材感、そして使い勝手のいい大きめのガラス天板。あらゆる空間に適したローテーブルです。

CH108 COFFEE TABLE

出典:カール・ハンセン

<PK61/ポール・ケアホルム>

PK61は、ポール・ケアホルムの美学とミニマリズムが表現されたコーヒーテーブルです。テーブルを一組の同一パーツで構成するという構成 要素の極端な限定にも関わらず、正方形の審美的なデザインはマニフェ ストの力を有し、ケアホルムの工業デザイナーから家具建築家としての 進化を表しています。また、ベース部を構成する小ねじで結合された4 つのパーツは、テーブルのユニークな外観をつくりだしています。ベー スの上に設置されているテーブルトップは、重力を利用し、あるべきところにあるべきものを収めるというケアホルムのデザインの特徴がみられます。

PK61/ポール・ケアホルム

出典:フリッツ・ハンセン

天然木を使ったローテーブル

<オヴァレット コーヒーテーブル/イルマリ・タピオヴァーラ>

楕円形の天板に、大胆に交差した脚のフレームを組み合わせたローテーブルです。すっきりとした木製の脚は、フィンランドの暮らしの中に息づいてきた伝統的なデザインから着想を得ています。イルマリ・タピオヴァーラは、自らがデザインする家具について、軽量で簡単に移動できるということを大切に考えていました。そのため、天板は軽さを重視し、一枚板ではなくバーチ材の合板を使用、その上からオークまたはウォルナットの化粧板を施し、滑らかで美しい外見に仕上げています。

オヴァレット コーヒーテーブル

出典:Artek

<ジョイン/フリッツ・ハンセン>

ジョインはフリッツ・ハンセンによるデザインのコーヒーテーブルシリー ズです。オークの無垢材を使用しており、繊細で控えめな佇まいでありながらも、室内の家具を調和し、人と人とを結び、場の中心的な役割を果たします。

ジョイン/フリッツ・ハンセン

出典:フリッツ・ハンセン

<Around Coffee Table/ムート>

オーク材でつくられたラウンド型のコーヒーテーブルです。テーブルの縁に沿ってある個性的なフレームが、新しい北欧デザインを演出しています。丸みを帯びたフォルムと複数のサイズがあるこちらのローテーブルは、単体でも複数でも、リビングルーム、ラウンジ、ロビー、ホテルの部屋など、様々なシーンで活躍してくれそうです。

Around Coffee Table/ムート

出典:muuto

コンパクトな北欧デザインのローテーブル

<ML10097 EGYPTIAN TABLE/モーエンス・ラッセン>

ML10097 エジプシャン・テーブルは、モーエンス・ラッセンによる1922年のデザイン。ツタンカーメンの古墳から発掘されたフォールディングスタンドに影響を受けた円形テーブルです。1940年コペンハーゲン家具職人ギルド展で発表されました。高さ54cm幅85cmの円形で、コンパクトでありながら存在感のあるローテーブルです。

ML10097 EGYPTIAN TABLE/モーエンス・ラッセン

出典:カール・ハンセン

<Airy Coffee Table/ムート>

ムートのエアリーコーヒーテーブルは、すっきりとしたラインとテーブルトップが薄いスチールフレームの上に浮いているようなデザインで、軽やかで風通しの良い雰囲気を醸し出してくれます。ハーフサイドバージョンと3つのサイズがあり、遊び心がありながらも落ち着いた雰囲気がどんなセッティングにもマッチするので、様々な空間で魅力を発揮してくれるローテーブルです。

Airy Coffee Table/ムート

出典:muuto

<PON/ジャスパー・モリソン>

ジャスパー・モリソンがデザインした<ポン>は無垢材のローテーブルのシリーズです。安定感があり汎用性が高く、独立した家具としても、高さを変えて組み合わせても使用できます。小さいローテーブルは直径35cmから40・45・90cmの計4サイズを選ぶ事ができます。

PON/ジャスパー・モリソン

出典:Fredericia

大きめのローテーブル

<ジョインテーブル/フリッツ・ハンセン>

フリッツ・ハンセンのジョインシリーズはシンプルでなじみやすく、どんなインテリアにも合わせやすそうなデザインのローテーブルです。こちらは高さ37cm幅50cm奥行き130cmと大きめにつくられており、広めのリビングやソファにも合わせやすいローテーブルです。

ジョインテーブル/フリッツ・ハンセン

出典:フリッツ・ハンセン

<CH011 コーヒーテーブル/ハンス J. ウェグナー>

コーヒーテーブル CH011は、ハンス J. ウェグナーにより、1954年にデザインされた洗練された角形テーブル。モダンな美しさと機能性を巧みに融合させたデザインは、様々な場での使用を可能にしています。奥行き130cm幅55cmで、高さは44・48・53cmの3種類から選べます。

CH011 コーヒーテーブル

出典:カール・ハンセン

PR QAIS

あなたへのおすすめ記事