家庭での介護用におすすめの脱臭機

by twistdesign

PR QAIS

在宅介護をされている場合、トイレやお風呂まわり、家全体の段差や階段などのバリアフリー、食事など色々な問題が発生しますよね。なかでも、忙しいご家族や介護者の方が気になっていても手が回らないのが「臭い」の問題ではないでしょうか。毎日お風呂に入ることが難しければ体臭が強くなりますし、排泄ケアが必要な方であれば便臭・尿臭も気になります。また、同じ部屋着でベッドにいる時間が長いと、衣類や寝具に臭いがしみついてしまうことも。介護の臭いの問題は原因がさまざまですが、放っておくと介護する側もされる側もストレスが溜まってしまいます。そこで今回は、介護をするご家庭におすすめの脱臭機について、選び方やおすすめ商品をご紹介していきます。脱臭機を賢く使って、介護の負担を少しでも和らげましょう。

●介護用におすすめの脱臭機の選び方

介護中のご家庭が脱臭機を選ぶ際に気をつけるべきポイントをご紹介します。

介護特有の臭いと脱臭機の効果

介護をしているご家庭に特有の臭いはいくつかあります。ここでは臭いの原因とその対策、脱臭機の効果についてご紹介します。

・排泄臭(便臭や尿臭)

介護の中で排泄ケアが必要な方であれば便臭・尿臭も気になります。おむつやポータブルトイレを使用している場合は部屋の臭いが気になることが多いですし、ベッドや壁・床に臭いがしみついてしまうこともあります。おむつ由来の臭いならおむつの交換をできるだけこまめにし、お尻や陰部の洗浄をすることが重要です。使用後のおむつは排泄物をトイレに流したあと、新聞やビニールで包んでから蓋のできるゴミ箱にすてましょう。
ポータブルトイレの場合は使用後は早めに片付けることはもちろん、トイレにあらかじめいれておく防臭液も効果的ですし、排泄臭のもとになるアンモニアに対応した脱臭機も効果的です。

・高体臭

介護家庭の臭いの悩みのひとつが、体臭です。高齢の方には加齢臭もありますし、毎日お風呂に入ることが難しければ体臭がどうしても強くなります。手足の麻痺や拘縮(関節が固くなり、動かせなくなること)があれば、動かしにくい部分に汗や汚れが溜まったりします。また、おむつや寝たきりによる褥瘡(床ずれ)があれば、その部分から臭いが発生することもあります。
体臭は完全に防ぐことは出来ませんが、お風呂の頻度を上げたり清拭(せいしき:濡らした布などで身体を拭くこと)をすることである程度軽減することが出来ます。また脱臭機を使う場合は、部屋全体の空気を清浄してくれるタイプならある程度の効果が期待できるでしょう。

・衣類や寝具の臭い

被介護者が外出ができなかったり寝間着でベッドにいる時間が長いと、衣類や寝具に臭いがしみついてしまうこともあります。また、食事や排泄の際に衣類や寝具を汚してしまうことも臭いの原因になります。交換頻度をできるだけ高くすることで臭いを防ぐことができるほか、付着臭に対応している脱臭機や空気清浄機も効果的です。

適用面積

脱臭機を選ぶ際には、使用する部屋の面積に対して適切な能力を持っているかどうかを確認することが重要です。購入時には主に介護する部屋のサイズと脱臭機の適用床面積を必ずチェックしましょう。稼働時間をより短縮したいなら、実際の部屋よりも適用床面積の広い空気清浄機を購入する方法もあります。ただし、広くなるほど製品の価格が上がり、本体サイズや稼働音が大きくなるデメリットもあるので、脱臭機の購入を検討する際は何を優先したいのかを考えておきましょう。

掃除のしやすさ

脱臭機は日常的に使用するものなので、掃除しやすさなどメンテナンス面もチェックしましょう。脱臭機能のみに特化した製品なら、フィルター交換などは不要な商品が一般的です。
集塵機能がある脱臭機なら、集塵フィルターのホコリを定期的に掃除機で吸い取る必要があります。性能のよいフィルターであるほど、多くの細かなホコリをキャッチするため、掃除が簡単に行えるように工夫されている空気清浄機がおすすめです。

●家庭での介護用におすすめの脱臭機

<DAS-15Kプラズィオン/富士通>

介護家庭におすすめなのが、富士通の<プラズィオン>です。脱臭に特化しており、独自の「高速メガフィルターⅢ」がイヤな臭いを吸い込み分解、5分程度でイヤな臭いを除去してくれます。金属酸化触媒フィルターがニオイの成分を吸着し、酸化作用で化学的に分解する仕組みで、24時間ごとにヒーター加熱で触媒の再生を行うため脱臭効果が落ちにくく、理論上は10年経っても脱臭効果をキープできる実力を持っています。
フィルターは水洗いできるのでフィルター交換の必要がなく、ランニングコストは電気代のみ。加湿運転も行えるので、キレイな空気で加湿してくれる高機能加湿器としても活躍します。
DAS15Kは10畳適用のコンパクトタイプです。縦28cm×横17cm×奥行き17cmで重量2.2kgの小型軽量なので、スペースをとらずベッド近くなど臭い発生元の近くへ移動させやすいのが魅力です。同じシリーズで広い空間でもOKで加湿機能つきの20畳タイプ(DAS-303K)もあります。

DAS-15Kプラズィオン/富士通

出典:富士通

<ジアイーノ/パナソニック>

消毒に使われる次亜塩素酸を独自の技術で生成してくれる、脱臭と除菌に特化した製品です。空気中に浮遊している菌やウィルス、悪臭を吸引して除菌・消臭し、キレイになった空気と一緒に揮発した次亜塩素酸を放出します。従来の空気清浄機はハウスダストや花粉の集じんを主目的としておりお部屋に付着した菌やウイルスの抑制には時間がかかったり、慢性的な臭いには脱臭効果を感じにくい場合があったのですが、<ジアイーノ>は空間の除菌・脱臭に特化しているため、菌やウイルス、臭いに素早く優れた抑制力を発揮してくれます。
継続的に発生する臭いや強い臭いに対する脱臭を得意としており、介護臭はもちろんペット臭や赤ちゃんの排泄臭などにも効果があります。強い介護臭に悩まされている人なら、試す価値ありの商品です。

ジアイーノ

出典:パナソニック

<急速脱臭機 デオダッシュ/三菱電機>

デオダッシュは三菱電機の急速脱臭機です。介護で悩みの多い排泄臭に特化した独自の脱臭フィルターが、ニオイ分子を素早く分解してくれます。ニオイの再放出がなく、広がることもありません。脱臭フィルターも独自のフィルター再生エンジンを搭載しており、定期的に再生を繰り返すのでメンテナンスやフィルター交換も必要ありません。毎日24時間運転しても月々の電気代は約370円。窓開け換気による空調ロスが抑えられるので冷暖房コストも節約できます。また高性能な除菌HEPAフィルターを搭載しており、チリやホコリだけでなく、気になる花粉やハウスダストなどのアレル物質までキャッチしてくれます。さらに、目に見えない浮遊ウイルスの抑制にも活躍してくれます。大風量なので8畳のお部屋ならなんと8分でスピード清浄してくれます。介護施設や病院での導入実績も多く、体臭対策やトイレまわりなどの脱臭にも効果があるようです。キャスター付きで移動させやすいのも嬉しいポイントです。

急速脱臭機 デオダッシュ

出典:三菱電機

<エアロピュア/日機装>

こちらのAeropure(エアロピュア)は、透析装置で長年国内トップシェアを誇る医療機器メーカーである日機装株式会社が開発した空間除菌消臭装置です。有機物分解機能を持つ光触媒フィルターと菌・ウイルスのDNAを変性させ不活化させる深紫外線LEDによる除菌フィルターを搭載している二重フィルター構造です。菌の温床となり得るフィルターをあえてなくしているため、交換の手間が省けます。また、ファンと光触媒フィルターの最適化で小型化・高機能化を実現しています。高さ26cm幅18cm奥行き12cmと小型ながら8畳分を除菌・消臭でき、机やチェスト、ベッドサイトにおいても違和感のないサイズです。介護中のお宅におすすめの商品です。

エアロピュア

出典:ユニオン

<プラズマクラスター除菌脱臭機/シャープ>

プラズマクラスターNEXT搭載を搭載したシャープの脱臭機です。付着した臭いを、プラズマクラスターNEXTの高濃度イオンで消臭。家の中の気になる付着した排せつ物臭など8種類の頑固な臭いを素早く消臭してくれます。汗臭や加齢臭、付着排泄臭など介護特有の臭いにもおすすめの商品です。漂う臭いを逃さない。360°空間脱臭なので、お部屋のどこに置いてもOKです。持ち運びもできる、スリムな円筒デザインなので、スペースが限られている家にもおすすめです。

プラズマクラスター除菌脱臭機

出典:シャープ

PR QAIS

あなたへのおすすめ記事