モダンインテリアとは?特徴やポイントをご紹介

by twistdesign

PR QAIS

世界中で大人気のモダンインテリア。ミニマムで、機能的、かつ清潔感のあるスタイルは、ホテルやオフィスのような公共の場だけでなく、昨今は一般家庭のインテリアとしても人気があります。ネットショッピングが普及し、SNS等で様々な情報が溢れている時代となり、便利になった一方で、自分にとって必要なのか、見失ってしまいそうになる人も多い現代。だからこそ、本当に大切なものだけを選び、余分ものを手放すモダンスタイルにすることで、部屋だけでなく心の整頓もできるのでしょう。部屋をごちゃごちゃと飾りつけたりするのとは対照的なのがモダンインテリアスタイルですので、最近の断捨離やミニマリストのブームもあり、大変人気が高まっています。今回はモダンインテリアの特徴やポイントを、実例を挙げてご紹介します。

【モダンインテリアとは?】

「modern」を英和辞書で調べると「現代式の」「近代的な」「最新の」などと出てきます。もともとモダンスタイルとは、ガラスや金属などの素材を使った、現代的な無機質かつ直線的なインテリアをコーディネートし、都会的な洗練された雰囲気を演出するスタイルを指していたようです。それが、時代を経て、余計な装飾を削ぎ落としたシンプルで上品、さらにホテルのような清潔感があり、シャープな印象のスタイルへと進化していきました。さらに「シンプルモダン」「和モダン」など好きなテイストでありつつシンプルなモダンインテリアをコーディネートする達人も増えています。

【モダンインテリアの基本ポイント】

モダンインテリアをコーディネートするうえで大切な基本ポイントは3つ。重要なのは色、そして素材・デザインとスペースです。それぞれの特徴をご紹介します。

モダンインテリアの基本ポイント① カラー

出典:Pinterest

モダンインテリアのメインカラーとして使われる色は、モノトーン(白、黒、グレー)です。特に、白を基調にするとホテルのような清潔感溢れるイメージになります。黒を基調にする場合は、引き締まったクールな印象です。また、グレーやシルバーもモダンインテリアのコーディネートに便利なカラーです。メインカラーを決める時は部屋のベースカラーである床、壁、天井の色を考慮することがとても大切です。配色の割合は、ベースカラー70%、メインカラー20%、アクセントカラー10%で決めるのが基本です。モダンインテリアのアクセントカラーとしてよく用いられるのが三原色(赤、青、黄)です。モノトーンの部屋では、かなり目立つ色なので、絵やファブリック系のアイテムなどを用いて10%以下に抑えることで、部屋を引き立て、シャープな印象になるでしょう。ただし、三原色の使い過ぎは、ごちゃごちゃしたイメージになり、モダンインテリアとは逆の方向になってしまうので気を付けてください。

モダンインテリアの基本ポイント② 素材・デザイン

出典:Pinterest

テーブルや椅子などの家具は、部屋の雰囲気作りには欠かせないアイテムです。モダンインテリアに合う家具は、素材や形がポイント。まず素材としては、ガラス、クロムメッキ、アクリル、スチール、ステンレスなどの無機質で光沢のある素材が、近代的なイメージが強く、モノクロのメインカラーによく映えます。また、鏡面仕上げの家具もモダンな印象を作り上げてくれるアイテムです。デザインは、あいまいな輪郭や装飾ではないことがポイントです。定規で引いたかのようなカクカクした直線や、円や楕円などのすっきりとした曲線のフォルム、さらにフォルムが大きなのも、モダンインテリアの部屋に合う家具の特徴です。また、脚部が細かったり、床からの高さがあったりと、ある程度のスペースを感じさせる家具を選ぶのもモダンインテリアのポイントです。

モダンインテリアの基本ポイント③ スペース

出典:Pinterest

モダンインテリアのイメージは、生活感があまり感じられないようなすっきりとした清潔感のある部屋です。物がたくさんあって、家具がぎっしり置かれた部屋とは対照的ですね。そんなモダンインテリアに近づけるために重要なのは、開放的なスペース。ミニマリズムのようなテイストを部屋に取り入れる場合には、ある程度のスペースが必要となります。部屋が狭く感じる場合には、家具や装飾品を減らし、解放感のあるスペースを作りましょう。また、家具を選ぶ際は、圧迫感を感じさせないものがベスト。ミニマルライフを意識して、ゆったりしたスペースでモダンインテリアをコーディネートしてください。

【モダンインテリアの種類】

近年、モダンインテリアには「和モダン」「フレンチモダン」など派生した独自のスタイルができていて、モダンインテリアの基本は押さえつつ、それぞれ印象が異なるコーディネートになっています。人気のある5種類の特徴などをご紹介します。

モダンインテリアの種類① 和モダン

出典:Pinterest

戦前、日本の住宅のほとんどは、木や土などの自然材で作られた和風木造住宅で、自然色以外に色がなく、家具や装飾も少ないシンプルな空間でした。戦後は、生活様式がどんどん洋風化し、洋風建築はステイタスのシンボルになっていきました。古くから親しまれて来た和室は、洋風のデザインの家具や照明などのアイテムに合わないと敬遠されがちですが、もともと余計な装飾がなく、真っすぐなラインが美しい和室は、実はモダンインテリアと相性がぴったりなのです。

和室と現代の家具を組み合わせる「和モダンインテリア」は、近年海外での評価がとても高く、人気があります。自宅に和室があるけれども、なかなか上手く使いこなせないという方は、モダンインテリアを取り入れてみてはいかがでしょうか。2つのインテリアスタイルの個性を活かしつつ、インテリアのセンスがワンランクアップする和モダンは、今の時代にこそ新鮮なスタイルです。

モダンインテリアの種類② ナチュラルモダン

出典:Pinterest

温もりのあるナチュラル感とモダンなスタイリッシュさをミックスした、近年人気の「ナチュラルモダン」。モノトーンカラーや、直線や曲線のフォルムなどモダンインテリアの印象は残しつつ、木や植物などを取り入れたナチュラルインテリアの特徴も併せ持ったスタイルです。無機質で光沢のある素材と、ナチュラル感強めテイストがミックスされた、緊張感と温もりの甘辛バランスは、シンプルなのにお洒落で、お客様がきても居心地よくくつろげそうな空間を作りあげます。モダンインテリアとナチュラルインテリアは、一見すると反対のスタイルに思えますが、家具に用いるフォルムはどちらもシンプルで、余分な装飾がないのは同じです。ナチュラルモダンは自然の温かみを失わずに、ミニマルなコーディネートを目指す方におすすめのスタイルです。

モダンインテリアの種類③ 北欧モダン

出典:Pinterest

インテリアスタイルで、定番の地位を確立している「北欧スタイル」。世界中に北欧インテリアや雑貨を紹介するインスタグラマーやブロガーいて、その人気は衰えるところを知りません。ナチュラルでスタイリッシュな雰囲気の北欧インテリアは、日本でもすっかり定着しています。北欧デザインの特徴は、「シンプル」「モダン」「ナチュラル」「機能的」「実用的」などです。聞くだけで、モダンインテリアとの相性はバッチリですね。ただし、北欧雑貨は、マリメッコのように、鮮やかな色調や、パッと目を惹くオリジナリティあふれる柄なども有名ですので、モダンインテリアと組み合わせる際は、カラーリングに注意が必要です。あまりにたくさんの色を使うと、モダンインテリアのクールなイメージから離れてしまいます。北欧スタイルの幾何学模様などをアクセントにして、インテリアに取り入れるのがお勧めです。

モダンインテリアの種類④ シンプルモダン

出典:Pinterest

無駄なものを無くし、選び抜かれた上質なものを使うということは、モダンインテリアの基本となる発想です。しかし、モダンインテリアだと無機質で冷たい雰囲気が寂しいと言われる方もいます。アイテムの質感やカラーリングに変化を付けて、ミニマルに近いけれども優しい雰囲気のある「シンプルモダンインテリア」の人気が最近高まっています。全てをスタイリッシュなイメージが強調されるモノトーンカラーだけにせず、淡い色彩を取り込むことで、部屋にあたたかみと潤いをプラスします。現代的でありつつも、エレガントで心が落ち着きそうなインテリアは、今後のモダンインテリアの代表になっていくかもしれません。

モダンインテリアの種類⑤ フレンチモダン

出典:Pinterest

エレガントで上品なフレンチテイストに、モダンで大人っぽい印象を取り入れた「フレンチモダンインテリア」。白い漆喰の壁にモールディングの装飾などを取り入れるクラッシックフレンチの要素に、モダンなデザインの家具を組み合わせたテイスト。デコラティブさとシンプルさのバランスが取れると、エレガントかつスタイリッシュな空間を作ることができます。壁が装飾的なので、アクセントカラーをあまり入れず、モダンインテリアのモノトーンカラーでまとめることで、モダンですっきりした印象になります。

【モダンインテリアに合うアイテム】

お部屋の色合いやスタイルが決まったら、次に家具や雑貨などのアイテムが必要になります。もちろんモダンインテリアはシンプル・イズ・ザベストなので、あまり色々なものを置いたり飾ってしまっては意味がありません。「これぞ!」というアイテムを吟味して選ぶことが重要です。モダンインテリアにぴったりなアイテムを4つご紹介します。ご自分らしいモダンインテリアの部屋作りに生かして下さい。

モダンインテリアに合うアイテム① 観葉植物

出典:Pinterest

ハードルがあまり高くないアイテムが「観葉植物」。直線が多いモダンインテリアの中に、ナチュラルなラインの植物を置けば、簡単に部屋に個性を与えてくれます。また、葉の形状やフォルム、植物を入れる鉢の形や素材も重要なポイントです。育った時の大きさや形も知っておくのがいいでしょう。メインカラーとの兼ね合いに注意して選べば、無機質なモダンインテリアの美しいアクセントカラーになること間違いなしです。

モダンインテリアに合うアイテム② 絵画

出典:Pinterest

モダンインテリアでミニマルなライフスタイルにしたいものの、個性もしっかり出したいなら自分の好きなアートを選んでみましょう。モノトーン系が基本のモダンインテリアに原色系のアクセントカラーを入れるなら、絵画は大変お勧めです。モダンインテリアにはアート系の写真を飾るのが定番ですが、どこにでもある写真を飾るより、一点物の絵画を飾ることで、部屋がアートギャラリーのようになり、ワンランク上のインテリアになります。大きめの絵を一つ飾れば、ごちゃごちゃした雰囲気にならず、モダンインテリアを維持したままオリジナルな部屋を演出してくれます。

モダンインテリアに合うアイテム③ ペンダントライト

出典:Pinterest

モダンインテリアは、スタイリッシュなペンダントライトを組み合わせると、より一層おしゃれな空間を作り上げてくれます。ダイニングテーブルの上にシンプルで現代的なペンダントライト下げると、アーティスティックでクールな雰囲気を演出してくれます。部屋の雰囲気作りに欠かせない照明は、ダウンライトとペンダントライトの異なるタイプを上手に組み合わせると、インテリアのグレードアップに繋がります。

モダンインテリアに合うアイテム④ デザイナーズチェア

出典:Pinterest

世界中で今もなお愛され続けている巨匠デザイナーのチェアは、モダンインテリアでコーディネートされた部屋にふさわしい家具と言えるでしょう。デザイナーズチェアは、近年意匠権が切れリプロダクト家具として非常に手に入りやすくなっているものも増えています。デンマークの巨匠ヴェルナー・パントンによる名作パントンチェアは、もともと、その時代ごとに最も優れた素材を用いるというパントンのアイデアのもと、今でも新しい素材をもって生まれ変わり続けている名作家具ですので、現在でも製造販売されています。形、素材、色、すべてがモダンインテリアにぴったりのアイテムです。

【おわりに】

モダンインテリアの特徴とポイントなどをご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか。モダンインテリアにも様々な種類ありますが、共通しているのは生活感のない無機的なスタイリッシュさです。モダンインテリアに共通したポイントをおさえたうえで、ナチュラル感、温かみ、ビビットカラーなど、ご自分の好みを加えて、お気に入りのおしゃれなモダンインテリアをコーディネートしてみてください。

PR QAIS

あなたへのおすすめ記事